2018年 12月 19日 (水)

不妊症の夫婦に朗報? 「卵子若返り法」に学会がゴーサイン

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   不妊症の最先端治療の1つに、患者が自分の卵巣から取ったミトコンドリアを卵子に注入する「ミトコンドリア自家移植法」がある。ミトコンドリアは、細胞の中でエネルギーを作り出す役割があり、ミトコンドリアを卵子に入れることによって、「卵子が活性化して若返る」といわれるが、その効果や安全性はわかっていなかった。

   日本産婦人科学会の倫理委員会は2015年12月12日、この方法を試みる臨床研究を国内で初めて認めると発表した。大阪府内のクリニックが実施する。海外ではカナダやトルコなどで200回以上行われ、20数人の赤ちゃんが生まれているが、妊娠率が高まるかどうかははっきりしない。

ミトコンドリアを精子とともに注入して体外受精

   「卵子若返り法」は、腹腔手術で女性の卵巣の細胞を取り出し、その中からミトコンドリアを抽出して凍結保存する。そして、別に取り出した本人の卵子に、ミトコンドリアを精子とともに注入して体外受精させる。

   記者会見で、同学会倫理委員会の苛原(いらはら)稔委員長は「老化した卵子が若返るという理由で海外では行われているが、効果は十分検証されていない。他人ではなく自分のミトコンドリアを使うため、倫理上の問題はないと判断して、(治療ではなく)臨床研究として認めた」と語った。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中