2018年 10月 20日 (土)

不妊症の夫婦に朗報? 「卵子若返り法」に学会がゴーサイン

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   不妊症の最先端治療の1つに、患者が自分の卵巣から取ったミトコンドリアを卵子に注入する「ミトコンドリア自家移植法」がある。ミトコンドリアは、細胞の中でエネルギーを作り出す役割があり、ミトコンドリアを卵子に入れることによって、「卵子が活性化して若返る」といわれるが、その効果や安全性はわかっていなかった。

   日本産婦人科学会の倫理委員会は2015年12月12日、この方法を試みる臨床研究を国内で初めて認めると発表した。大阪府内のクリニックが実施する。海外ではカナダやトルコなどで200回以上行われ、20数人の赤ちゃんが生まれているが、妊娠率が高まるかどうかははっきりしない。

ミトコンドリアを精子とともに注入して体外受精

   「卵子若返り法」は、腹腔手術で女性の卵巣の細胞を取り出し、その中からミトコンドリアを抽出して凍結保存する。そして、別に取り出した本人の卵子に、ミトコンドリアを精子とともに注入して体外受精させる。

   記者会見で、同学会倫理委員会の苛原(いらはら)稔委員長は「老化した卵子が若返るという理由で海外では行われているが、効果は十分検証されていない。他人ではなく自分のミトコンドリアを使うため、倫理上の問題はないと判断して、(治療ではなく)臨床研究として認めた」と語った。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...