2018年 7月 19日 (木)

NHK、プロゲーマー集団を「偏向報道」? 放送後に「謝罪」、「名誉挽回」の再取材も約束

印刷

   「日本初のプロゲーマー集団」として注目を集めるチームの代表者が、NHKから謝罪を受けたと明らかにした。

   代表者は先日、NHKの番組内で意に沿わない取り上げ方をされたとツイッター上で訴え、波紋を広げていた。

  • eスポーツは世界中で盛り上がりをみせている(画像は「DetonatioN」公式サイト)
    eスポーツは世界中で盛り上がりをみせている(画像は「DetonatioN」公式サイト)

「米軍がリクルート」「将来を描けるのか」とコメント

   2015年12月16日に全国放送されたNHK「シブ5時」は、世界が注目する新たなスポーツとして、「eスポーツ」と呼ばれる競技を特集した。eスポーツは、複数のプレーヤーで対戦するコンピュータゲームやビデオゲームを一つのスポーツ競技として捉え、その腕を競い合うもの。海外では高額賞金のかかった大会やプロリーグも存在する。

   番組前半では、日本初の「フルタイム・給与制」のゲーミングチームである「DetonatioN FocusMe」(DFM)に密着し、「ゲームをプレーすること」を仕事にする所属選手たちの生活や活躍ぶりを紹介した。

   ところが放送後、ネット上では「プロゲーマー取材企画がただのゲーム批判になっていた」「『軍事利用』『将来性なし』など偏向報道に」といった指摘が相次ぎ、物議を醸すこととなった。

   番組後半では、米軍がeスポーツを得意とする若者をリクルートしているという話や、コメンテーターによる「将来を描けるのかが心配」との発言があったためだ。

   ネット上の指摘について、DFMを運営する「DetonatioN」代表の梅崎伸幸さんは番組終了後に、ツイッターで「本当にこのような放映のされ方なのであれば協力した側としては遺憾です」と反応。NHKに真意を確認していると報告し、その後、NHK側から謝罪があったことを明らかにした。

   梅崎さんは17日、J-CASTニュースの取材に応じ、もともとはNHKから「プロゲーマーとして活躍する若者達の親御さん世代に、彼らが新しい分野でパイオニアとして日々活躍している姿を見てもらい、理解や認識を改めてもらうことが主旨」との説明を受けていたと語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中