2019年 4月 22日 (月)

新作「スター・ウォーズ」、週末動員数で「妖怪ウォッチ」に敗北

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   興行通信社が2015年12月21日、先週末(19~20日)の映画の観客動員数ランキングを発表した。18日夕、全国で一斉に封切られた「スター・ウォーズ」の最新作「フォースの覚醒」は、19日公開の「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」を下回り、2位となった。

   10年ぶりの新作として注目を集めた「フォースの覚醒」は958スクリーンで公開され、初日から3日間で104万人4330人の動員を記録。土日2日間では80万258人が鑑賞した。だが、434スクリーンで公開された「妖怪ウォッチ」の劇場版第2弾「エンマ大王と5つの物語だニャン!」は、土日2日間で97万4557万人を動員。スター・ウォーズを抑えて1位となった。

    興行収入では、ファミリー層がメーンターゲットである「妖怪ウォッチ」が10億5780万8800円だったのに対し、「スター・ウォーズ」は12億4502万3900円だった。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中