2018年 8月 14日 (火)

骨粗しょう症の高齢女性に朗報 新しい骨をつくる遺伝子を発見

印刷

   東京医科歯科大大学院の江面(えづら)陽一准教授と野田政樹教授の研究チームが、骨がもろくなる骨粗しょう症を防ぐ遺伝子の1つを発見し、2015年12月1日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

   骨粗しょう症は、軽く転んだだけでも骨折する恐ろしい病気だ。全国で1300万人、70歳以上の女性の7割が患者といわれ、骨がもろくなる仕組みの解明や治療薬の開発に期待できそうだ。

   骨の内部では「破骨細胞」が古くなった骨を壊して吸収、欠損部分に「骨芽細胞」が移動して修復、骨が絶えず作り替えられている。このバランスが崩れると、新しい骨が作られなくなり、骨粗しょう症になる。

   研究チームは、「NcK」という遺伝子が骨の作り替えに関係すると考え、マウスで実験した。骨にNcKがないマウスを作り、正常なマウスと骨の形成に差が出るか調べた。すると、NcKがないマウスは骨芽細胞の動きが悪くなった。また、NcKを持つマウスでも、大腿骨の骨芽細胞のNcKの働きを抑えると骨粗しょう症になった。このことから、NcKが骨の修復を担う骨芽細胞の移動に必要であることを突きとめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中