2019年 5月 22日 (水)

ジャガイモの食べ過ぎが体をむしばむ 糖尿病リスク3割増 特に怖い料理は...

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ジャガイモを普段から食べる量が多い人は、少ない人より糖尿病になりやすいことが大阪がん循環器病予防センターの村木功氏らのグループの研究でわかった。論文は、米の科学誌「Diabetes Care」(電子版)の2015年12月17日号に発表された。

   もともとジャガイモは糖質が高く、糖尿病の心配のある人は食べる量を控えた方がよいとされていたが、改めて食べ過ぎがよくないことが医科学的に確認された。

  • ジャガイモ料理の中でもフライドポテトのリスクが一番高い
    ジャガイモ料理の中でもフライドポテトのリスクが一番高い

ジャガイモ多く食べる人ほど清涼飲料水を飲む量も増える

   研究では、米国の医療従事者計11万1442人の健康データを対象に、ジャガイモの摂取量と糖尿病の発症率の関連を調べた。対象者は全員、糖尿病にかかっていなかった人だが、追跡期間中に1万5362人が糖尿病を発症した。その結果、次のことがわかった。

   (1)ジャガイモ料理を食べる頻度が週に2~4回の人は、週に1回未満の人に比べ、糖尿病の発症リスクが7%高くなる。

   (2)毎日食べる人は、週に1回未満の人に比べ、33%も高くなる。

   (3)料理方法では、油で揚げるフライドポテトのリスクが一番高い。

   (4)ジャガイモを食べる量の多い人ほど、清涼飲料水を飲む量も多くなり、全体の摂取カロリーが増える。

   (5)週3回のジャガイモ料理を全粒穀物(玄米や全粒粉パンなど)に置き替えると、糖尿病リスクが12%下がる。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中