2019年 7月 20日 (土)

「野党」おおさか維新、国会質問で異例の民主党大批判

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   おおさか維新の会の下地幹郎・国会議員団政調会長は2016年1月12日の衆院予算委員会で、質問時間の配分をめぐり、「質問時間をはく奪された。本当に許せない行為」などと民主党を激しく非難した。政府・与党を相手に行う国会質問で、野党議員が別の野党を非難するのは異例。

   おおさか維新の会の質問時間をめぐっては、民主党が「おおさか維新の会は野党ではない」などとして、「おおさか」の時間を、野党から配分することに難色を示したという経緯がある。下地氏は「民主党がやっていることは憲法違反」と怒りが収まらない様子だった。

   安倍晋三首相は

「おおさか維新の会が与党でないのは確か。野党の皆さんが公平に分配すればいいだけの話」

と応じた。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中