2021年 2月 27日 (土)

SMAP、5人が説明して解散回避か 「残っても茨の道になる」可能性が

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   SMAPの5人がテレビで解散騒動を説明し、グループの存続を表明する見通しだと、複数のスポーツ紙が報じた。しかし、その後もジャニーズ内での厳しい試練が待っているというのだ。

   木村拓哉さん(43)を除いて、メンバー4人のジャニーズ事務所退社は不可避だと、当初は報じられていた。「ジャニーズの女帝」ことメリー喜多川副社長(89)が、独立に動いた4人を許さないとされたからだ。

  • 存続しても茨の道に?
    存続しても茨の道に?
  • 存続しても茨の道に?

「謝罪して欲しいのはSMAPじゃないんだけど...」

   ところが、ここに来て、一転して和解ムードが出てきた。

   ファンらから存続を求める声が殺到し、スポーツ紙各紙によると、木村さんも、メリー副社長に直接電話して訴えた。メリー副社長もようやく折れて、4人から謝罪があれば受け入れる考えを示したとされる。現状では、SMAPが事務所の大きな収入源になっていることから、そもそも解散させるつもりはなかったとの見方もあるようだ。

   そして、2016年1月18日になって、メンバー5人がこの日夜放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」で騒動について謝罪し、存続を表明する見通しだと各紙が報じた。ジャニーズ事務所でも、マスコミ各社にFAXでコメントを出した。「5人のメンバーの口から直接、現在の心境を語らせて頂く事が、せめてもの誠意」だとして、番組の一部を生放送に変更し、騒動について説明させるとした。ただ、この件についての記者会見の予定はないという。

   SMAPが一転して存続に向けて動き出すというのは、本当なのか。こうした点などをジャニーズ事務所に取材したが、「一切お答えできません」との回答だった。

   ファンの間では、SMAP存続の情報が出て、その動きを歓迎する声がネット上で次々に書き込まれている。その一方で、「ファンが謝罪して欲しいのはSMAPじゃないんだけど...」「逆にメリーの方にこそ謝罪してもらいたいくらいだ」といった声も上がっており、騒動について複雑な思いを抱いているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中