安倍首相と菅官房長官、SMAP存続見通しに「よかった」

印刷

   解散騒動があった人気アイドルグループSMAPが存続する見通しになったことになって、安倍晋三首相は2016年1月19日の参院予算委員会で、安倍晋三首相は「存続することは良かった」と述べた。民主党の斎藤嘉隆議員への答弁。

   菅義偉官房長官も記者会見で、

「国民の皆さんにとって今回の解散騒動について、非常に心配された1週間だったのではないか。昨日、メンバーの皆さんが一堂に会して解散しないことを表明したということで、本当によかったのではないか。これからも国民の皆さんから親しまれ、夢と希望を与え続けていかれるように、さらなる活躍を期待したい」

と述べ、存続を歓迎した。フジテレビ記者の質問に答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中