2020年 7月 2日 (木)

元グラドル川村ひかるが「若年性更年期障害」 若い女性が突然「老いる」悲しさ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タレントで元グラビアアイドルの川村ひかるさん(36)が2016年3月2日放送のフジテレビ系「ノンストップ」にVTR出演し、若年性更年期障害を患っていることを告白した。

   若年性更年期障害は、最近、若い女性の間で増えている。いったい何が理由で起こり、どんなことに気をつければいいのだろうか。

  • その症状、「若年性更年期障害」かもしれない(写真はイメージ)
    その症状、「若年性更年期障害」かもしれない(写真はイメージ)
  • その症状、「若年性更年期障害」かもしれない(写真はイメージ)

髪の毛がすごく抜け風呂の排水溝がつまった

   川村さんが若年性更年期障害と診断されたのは31歳の時だという。番組の中で、その症状の苦しみをこう語っている。

「すごいめまいがしたり、頭痛や吐き気がひどかったり、汗がだ~っと出たりしました。髪の毛もすごく抜けました。えっ、こんなに抜けたの? と驚くほど。お風呂の排水溝が3日でつまりました」
「物忘れが激しくなり、海外旅行に行くのを忘れたほどです。すごく体重が減ってしまい36キロに。体脂肪が10%を切ったので、しんどかったです」

   しかし、何より一番つらかったのは体の不調が周囲に理解されないことだった。

「更年期だと説明しても、『31歳でしょ。違うよ』とか、逆に『大丈夫』といわれる言葉に傷つきました。『大丈夫』といわれると責められている気になって。友だちから『ちょっとこの人おかしいな』と思われるのが悲しかった」

   現在も治療中の川村さんが、あえて「若年性更年期障害」を告白したのは、この病気を理解してほしいことと、若い人に気をつけてもらいたいからだ。過去に「若年性更年期障害」を告白した有名人はほとんど見当たらない。中高年の「更年期障害」ですら、「オンナ」をウリにする女性芸能人にとってはイメージダウンになるため、カミングアウトをした人は、木の実ナナ・森昌子・高畑淳子・生田悦子・高橋真梨子さんら数えるほどだ。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中