2018年 8月 19日 (日)

白髪になる遺伝子が分かった いつまでも黒々の日が来るかも

印刷

   年をとれば誰でも白髪になるが、英ロンドン大学の研究チームは白髪になる遺伝子を特定したという報告を英科学誌「ネイチャー」(電子版)の2016年3月1日号に発表した。

   この遺伝子は「IRF4」と呼ばれ、遺伝子のメカニズムをさらに解明すれば、白髪になる年齢を遅らせる治療薬の開発に役立つと期待されている。

   研究チームは、ブラジル、コロンビア、チリ、メキシコ、ペルーに住む6630人の毛髪のDNAを分析。巻き毛や直毛になる遺伝子など、毛髪関連の遺伝子10種類の働きを解明した。白髪遺伝子IRF4はその1つだ。この遺伝子が毛髪を作る毛母細胞の中のメラニン色素に作用し、髪を白くさせていた。

   また、人種によって白髪が始まる年齢は異なり、平均で白人は30代半ば、黄色人種は30代後半、黒人は40代半ばからとわかったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中