2020年 1月 19日 (日)

不祥事満載、プロ野球の「綱渡り」開幕 「けじめ」のない再出発で大丈夫なのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   賭博など不祥事にまみれた中でプロ野球が2016年3月25日に開幕した。平然とスタートすることに対してファンはどんな思いなのだろうか。

   野球賭博、円陣ご祝儀、ノック罰金、高校野球の賭け、賭けマージャン、闇スロット...。よくもこれだけそろったものだ、とあきれる。

  • スキャンダル噴出のプロ野球界、浄化は進むか
    スキャンダル噴出のプロ野球界、浄化は進むか

「いちいち処分していたら、選手がいなくなってしまう」

「多くの選手が絡んでいることが分かった。いちいち処分していたら、選手がいなくなってしまう。だからほっかむりして、開幕しちゃえ、ということ」

   評論家の声である。

   3月23日に、12球団が共同声明を出した。

「巨人の野球賭博問題を重く受け止め、有害行為を再び起こさないよう、球界の浄化に全力で取り組み...」
「選手相互間の金銭のやりとりに関しても、12球団が結束して一層の徹底を図ることと...」

   浄化、結束。ファンにこれを約束したわけである。

   ところが翌日、オリックスでもやっていました、と公表した。開幕前に幕引きを図ったことはだれもが分かっているのだが、それでもこの体たらくなのだから、共同声明が空しい。

   開幕日、テレビもラジオも試合を中継した。

   注目の巨人-ヤクルト(東京ドーム)は日本テレビが中継。江川卓が解説し、原辰徳と松井秀喜がゲストで出演。巨人ファンからいえば「豪華メンバー」である。この巨人戦はラジオのNHK、ニッポン放送、ラジオ日本も中継した。他のカードを中継した局もあったが、「巨人、強し」の感がある。さすが球界の盟主、というべきか。

   今後のプロ野球の存在価値はファンが決めることになる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中