2018年 11月 15日 (木)

「羽生と握手」写真をテン選手が公開 インスタに添えられた意味深メッセージとは

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   フィギュアスケート世界選手権の公式練習中に起きた「妨害騒動」について、羽生結弦選手(21)とデニス・テン選手(22)が和解したようだ。

   テン選手は自身のインスタグラムで2人の握手写真を公開。「何が起きたのか、なぜ起こったのかはもう問題ではありません。空は平和です」などとつづった。

  • カメラに向かって2人で握手(画像はデニス・テン選手のインスタグラムのスクリーンショット)
    カメラに向かって2人で握手(画像はデニス・テン選手のインスタグラムのスクリーンショット)

誹謗中傷にも悩み...「もっと大切なことについて考えて」

   2016年3月30日(現地時間)の公式練習中、羽生選手が曲をかけて滑走していると、進路上でテン選手がスピンをしていたため、羽生選手は声を荒げて注意。ショートプログラムの演技後には「たぶん故意だったと思う」と述べた。一方のテン選手は故意であることを否定し、「よくあること」と反論していた。

   そうした中、羽生選手は4月3日(現地時間)、テン選手と「和解」したことを報道陣に明かした。

   複数メディアによれば、「彼自身苦しさもあっただろうし、もちろん僕にもあった」「この試合で和解したいと思っていたので、握手してお互いに気を付けようと話した」などと説明したという。

   5日には、実際に握手をしている場面の写真がテン選手のインスタグラムに投稿された。カメラに向かってともに微笑みながら、しっかりと握手を交わしている。あわせて文章も掲載しており、

「What it was and how it happened, it no longer matters. The sky is peaceful(「何が起きたのか、なぜ起こったのかはもう問題ではありません。空は平和です)」

などとつづった。

   騒動をめぐり、自身に対する脅しや人種差別的な誹謗中傷が数多く寄せられたことも明かしていたテン選手。5日の投稿では「Think about something more important. Like parents, for example.(もっと大切なことについて考えてみてください。たとえば両親のことのように)」とも訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中