2019年 9月 18日 (水)

神宮球場「2020年使えない」に大ブーイング起きる 「五輪優先おかしい」「マジで五輪いらない」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球のヤクルトが本拠地にしている神宮球場について、2020年の東京五輪開催時に半年前後も使用中止にすることを大会組織委が求めたと報じられ、ネット上で反発の声が上がっている。

   神宮球場といえば、プロ野球の公式戦が行われているほか、東京六大学野球の聖地ともされたところだ。

  • 神宮が機材置き場になる?
    神宮が機材置き場になる?

明治神宮に五輪組織委が交渉

   そればかりでなく、東都大学野球や夏の高校野球東・西東京大会の会場にもなっている。プロとアマの双方が愛用しており、日本一とされる9割超の稼働率を誇る球場だ。

   ところが、新聞各紙によると、東京五輪の大会組織委が2016年3月下旬、球場を所有している宗教法人「明治神宮」に対し、20年5月から野球以外の目的で使うため使用中止にしてほしいと言ってきた。中止期間については、9月まで、11月までと報道が分かれている。

   五輪は7月24日~8月9日、パラリンピックは8月25日~9月6日となるため、開催期間以外も球場を使うことになる。

   野球以外の目的とは、五輪の機材置き場や観客らの待機場所を考えているという。球場は、五輪のメイン会場になる新国立競技場に隣接しているため、通行を制限するなどセキュリティ対策上も必要だとの報道もあった。

   とはいえ、神宮球場では、5か月間ならプロとアマで約200試合、7か月間なら約300試合も行われている。もし使用中止になったら、代替場所はどうするのか、補償などはされるのか、といった問題が浮上してくる。

   これに対し、プロ野球や大学・高校野球の関係者は、突然の要請を聞いて困惑していると報じられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中