2019年 11月 23日 (土)

急逝・前田健の「親友」はなわ、死を悼む長文ブログ 「家族のような存在」「僕の一番の理解者」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   お笑い芸人の前田健さんが44歳の若さで急逝した。親交のあった芸能人が続々と追悼コメントを寄せる中、お笑い芸人のはなわさん(39)は長文ブログで「親友」の死を悼んだ。

   「あまりにも突然の事でまだ現実を受け入れる事ができません」――。こんな書き出しで始まるはなわさんの文章には、前田さんへの思いが溢れていた。

  • 26日、「まえけんさん。」と題したブログ記事を公開した(画像ははなわさん公式ブログのスクリーンショット)
    26日、「まえけんさん。」と題したブログ記事を公開した(画像ははなわさん公式ブログのスクリーンショット)

「20年以上にわたり芸人の道をともに歩んできた」

   前田さんは2016年4月24日夜に新宿区新宿3丁目の路上で倒れていた。その後、救急車で病院に搬送され、所属事務所は25日に「現在も治療中」と説明していたが、26日未明に死去した。

   はなわさんは26日午前にブログを更新した。「あまりにも突然の事でまだ現実を受け入れる事ができません」との書き出しで、これまでの思い出をつづった。

   ブログによると、2人が出会ったのは、はなわさんが佐賀県から上京してすぐのこと。当時まだ18歳、前田さんは23歳だった。

   以来2人は、20年以上にわたり芸人の道をともに歩んできた「親友」であり、「僕の『悩み』『喜び』『夢』すべてを一番に相談し共有してきた家族のような存在」だったという。

「当時を振り返ると、お互い貧乏で、いつもファミレスでコーヒー一杯だけ注文し、朝までネタ作りをしました。素晴らしい本や映画や舞台など、無知な僕にたくさんの名作と知恵を教えてくれました。だから、僕の『佐賀県』の歌のヒットを一番喜んでくれたのがまえけんさんでした」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中