2020年 4月 4日 (土)

「ドムドムバーガー、懐かしい~」 「ダイエー」消滅とともに「応援」する声が急拡大

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大手スーパー「ダイエー」の旗艦店で、東京・目黒区にあるダイエー碑文谷店が2016年5月5日、41年の歴史に幕を閉じた。イオンの完全子会社となったことに伴うものだ。

   インターネットには、同店を惜しむ声が多く寄せられているが、そうした声に混じって、併設されていた「ドムドムバーガー」の今後を心配する声が急速に高まり、にわかに注目されている。

  • ダイエー碑文谷店の閉店で、にわかに注目を集める「ドムドムバーガー」(画像は、「ドムドムバーガー」のホームページ)
    ダイエー碑文谷店の閉店で、にわかに注目を集める「ドムドムバーガー」(画像は、「ドムドムバーガー」のホームページ)

コロッケバーガーとコーンスープにポテト

   「歴代の店長、従業員を代表して御礼申し上げます。この冬にまたお目にかかれることをお待ち申し上げます」――。2016年5月5日21時、ダイエー碑文谷店の福西陵生店長はそう言って、最後の来店客に向けて深々と頭を下げた。

   ダイエー碑文谷店は、1975年に「碑文谷ショッパーズプラザ」の名称でオープン。当時のダイエーは売上高で百貨店の三越を抜くなど勢いづいており、同店はその象徴でもあった。 約1万5000平方メートルの店舗面積は地上7階建てで、フードコートや、食品や衣料品などの商品ごとにすべてのフロアを分ける売り場づくりを導入したのも、碑文谷店が日本初だったとされる。

   あまり聞きなれないかもしれないが、「ドムドムバーガー」は、そんなダイエーが1970年にオープンした日本で初めてのハンバーガー・チェーン店だ。スーパー「ダイエー」の勢いそのままに、ダイエーやマルエツといったダイエー系列の大型店舗に併設され、店舗網を拡大していった。

   もちろん、碑文谷店にも入居していたが、2016年5月5日の閉店よりひと足先の2月に閉店していた。

   インターネットには、

「ダイエーの地下のドムドムで安いコロッケバーガーとコーンスープにポテト入れて食うのがオレの高校時代の定番だった」
 「ほんとなんでハニーマスタードチキンバーガーやめたんだよ。あれめちゃくちゃ美味かったし、他では食えないのに......」
 「もう20年前ぐらいなんだがドムドムでタピオカシェイクってのがあったな~。懐かしいわ、部活帰りにみんなで飲んだの思い出す」
 「よくお袋とダイエー行って食べてたなあ。泣けてくるわ」
 「ドムドム、それは思い出の場所」

などと、懐かしむ声が多数寄せられている。

   ドムドムバーガーを運営するオレンジフードコートによると、「当社のホームページのご意見・ご要望のコーナーにも、『懐かしい』『応援してます!』といった声が多く寄せられています」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中