小林節・慶大名誉教授が参院選に出馬表明 政治団体「国民怒りの声」結成

印刷

   憲法学者の小林節・慶応大名誉教授(67)が2016年5月9日に都内で会見し、16年夏の参院選に向けて政治団体「国民怒りの声」を結成し、比例区から立候補する意向を表明した。小林氏は、安保関連法の成立が「立憲主義の危機」だとして安倍政権の打倒を宣言した。具体的政策としては、安保関連法の廃止、辺野古「新基地」建設の中止、原発廃止などを掲げている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中