「ガリガリ君」、値上げしても販売10%増 なぜ赤城乳業は評価されるのか?

印刷

   2016年4月1日の出荷分から、25年ぶりに値上げした赤城乳業のアイスキャンディー「ガリガリ君」の売れ行きが、その後も好調だ。

   「ガリガリ君」は年間4億1000万本(2015年)を販売する、赤城乳業の看板商品。1981年に50円で発売したが、1990年に60円に価格を改定。その後は「子どもが買いやすい価格を」と頑張ってきたが、この4月からは10円値上げして税別70円に設定した。

  • 赤城乳業の「ガリガリ君」、値上げ後も売れ行き好調!
    赤城乳業の「ガリガリ君」、値上げ後も売れ行き好調!

「すべてを正直に話したのがよかった」

   赤城乳業のアイスクリームは2016年4月1日出荷分から、10円から30円値上げされた。値上げ率は6.7~16.7%。なかでも注目を集めたのが、いまや「国民的」ブランドのアイスキャンディー「ガリガリ君」で、1本あたり10円(16.7%)値上がりして70円になった。

   食品に限らず、消費者は「値上げ」には過敏だ。値上げ後に、来店客が減ったり、売り上げが落ち込んだりということはよくあること。最近はアベノミクスによる円安の影響で、輸入頼みの原材料が高騰。また、人手不足を背景に人件費や物流コストが上昇し、モノの値段は上がる一方。どの企業も値上げによる客単価の増加で売り上げの減少を補い、また維持しようと懸命だが、うまく計画どおりに運ぶとは限らないのが現実だ。

   「ガリガリ君」の値上げについては、赤城乳業でも、7~8年前から議論を続けてきた。「企業努力を続けながら価格を据え置いてきたものの、昨年(2015年)は利益が出ないぐらい、限界にきていました」とし、1年間見送ったうえの「苦渋の決断」だったという。 値上げに対する消費者の厳しい反応を予想し、前年比で6%程度売り上げが落ちるとみていた。

   ところが、「ガリガリ君」は値上げした2016年4月の販売本数が、逆に前年比10%増と、好調を維持した。その要因について、赤城乳業は「すべてを正直に話したのがよかったと思います」と話す。テレビや雑誌、インターネットメディアなど、値上げに関する取材にはすべて対応。「会社としてもニュースリリースやテレビCMを通じて、まっすぐな気持ちを伝えてきました。それが支持されたと考えています」と分析する。

   なかでも、テレビの「お詫びCM」は消費者に高く評価されたようだ。前列中央に立つ井上秀樹会長(72)をはじめ、役員・社員ら約100人がスーツなどに身を包み、神妙な面持ちで正面を見据え、最後に全員で深々と頭を下げる。4月1日の公開後、瞬く間に評判を呼び、インターネットの動画サイトなどで話題をさらった。

   会社としての姿勢が消費者に伝わり、好意的な評価につながったということのようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中