「お願い!私を救って・・・」 コンビニ「自虐求人広告」出した女性が独占告白

印刷

   「人手不足で目のクマがひどくなりました。こんな私をどうか救って下さい」――。無料求人情報誌『タウンワーク』(2016年5月9日号)に、こんな自虐的な内容の求人広告が掲載され、ネット上で「自分でブラックアピールかよ」「面白過ぎる」などと話題を集めている。

   ネット掲示板などでは、一種の「ネタ」として面白がるユーザーがほとんどだが、一部で問題視する声も出ている。いったい、どういう意図でこんな内容の求人を企画したのか。今回J-CASTニュースは、企画者本人に直接話を聞いた。

  • 「お願い!助けて・・・」との自虐が目を引く求人広告
    「お願い!助けて・・・」との自虐が目を引く求人広告

悲しげに目を伏せた女性従業員が「私を救って」

   いま「自虐風求人」として話題を集めているのは、大手コンビニの東京都港区にある店舗が作成したアルバイト募集広告だ。求人が掲載された『タウンワーク』(港・品川・中央・太田区版)の誌面をみると、「お願い!!私を救って」と書かれたボードを持った従業員女性の写真が大きく掲載されている。

   悲しげな表情で目を伏せた女性従業員の写真の下には、「人手不足で目のクマがひどくなりました・・・(泣)」という見出しがついた募集文が掲載されている。その内容は、「こんな私をどうか救って下さい」「特に夕方以降の勤務がピンチ!」などと、女性従業員が助けを求めるような調子。

   『タウンワーク』に掲載された他の求人募集のほとんどが、従業員が楽しげな様子で働いている写真を掲載し、「スタッフは皆仲良し」「安心して働ける環境です」などとポジティブなアピールに励んでいるのに比べると、異様ともいえる「自虐ぶり」だ。

   この求人広告は、あるツイッターユーザーが16年5月11日に写真付きで投稿したことをきっかけに、ネット上で大きな反響を呼ぶことになった。ツイッターやネット掲示板などには、

「嫌いじゃない」
「ネタって分かるけど『これ大丈夫?』とも思ってしまうのだが、これはアリだよな。OK出した×××(編集部が伏字に修正、実際はコンビニ名)最高過ぎる」
「よっしゃ!夕方以降に応募の電話したろ!」

   など面白がるような反応が相次いで出ている。その一方で、一部のユーザーからは、「こんな求人出すとかパワハラだろ」「店員にこれやらせるだけでブラックってわかる」などと問題視する声も出ており、賛否が分かれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中