2019年 9月 23日 (月)

ベッキー「もう一度記者会見すべきだった」 尾木ママの正論が議論に

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で約3か月ぶりにテレビ復帰を果たしたベッキーさん(32)は、「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さん(27)との不倫騒動の経緯を語り、何度もお詫びの言葉を口にした。

   復帰については「時期尚早」とする厳しい意見が根強くあったが、放送後は一変、ネット上は歓迎ムードとなった。その上で、記者会見を改めて行うかどうかが注目を集めている。

  • 「謝罪の場」に選んだのは、記者会見ではなくレギュラー番組だった(写真は2011年撮影)
    「謝罪の場」に選んだのは、記者会見ではなくレギュラー番組だった(写真は2011年撮影)

バッシングの2大原因について「認めた」

   ベッキーさんは「金スマ」の中で、1月の緊急会見時の「友人関係」という説明がウソだったことを認め、「気持ちが通った時点で不倫だと思います。ごめんなさい」と反省の言葉を述べた。

   「ありがとう、文春」「友達で押し通す予定!笑」といったLINEのやりとりが本物だったことも明かし、最後には「人としてもプロとしても本当に最低なことをしてしまいました」としてファンに向けて謝罪。「マイナス」からの再出発を誓った。

   これまでベッキーさんがネット上で激しいバッシングを受けてきたのは、不倫そのものよりも、会見時にウソをついたことや、開き直ったようなLINEトークの内容が問題視されたからだ。

   今回、ベッキーさんはこの2点について正直に認めた。また、川谷さんと不倫関係に至るまでの経緯も詳しく語り、元妻への謝罪がついに実現することも明かした(5月2日に謝罪したという)。

   温かくも厳しい中居さんにリードされながら真相を語る姿は、多くの視聴者の胸を打ち、放送後のネット上は温かな声で溢れた。同時に「悪いのは男」という声が続出し、怒りの矛先は川谷さんへシフトした。今回の謝罪でネット世論を味方につけたとも言える。

   ただ一方で「会見で復帰すべきだった」という意見も目立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中