2018年 5月 21日 (月)

カンニング竹山、無断撮影とツイッター投稿嘆く 「義務教育でSNSモラルを...」

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山さん(45)が、義務教育でSNSに関するモラルを教えるよう訴えている。

   一般人に街中にいるところを撮られ、なおかつ無断でツイートされているのを発見したためだ。

  • カンニング竹山さん(2015年撮影)
    カンニング竹山さん(2015年撮影)

「真後ろに竹山おった。声でわかった(笑)」

   竹山さんは2016年5月14日、あるツイートを引用した上で「何故周りは消して俺だけ盗撮されても大丈夫なのか。。。因みにロケ中ではない」とツイッターに投稿した。

   引用元のツイートには、街中にいる竹山さんを撮影した画像が添付されていた。投稿者は「真後ろに竹山おった。声でわかった(笑)」と書いており、偶然見かけて思わず写真を撮った、ということのようだ。ただ、周囲にはモザイクがかかっていて、通行人の顔が分からないように配慮されている。

   竹山さんは、投稿者が「芸能人は無断撮影OK」と捉えられていると受け取ったのだろう。ツイートでは続けて「SNSのモラルの教育システムを義務教育時に文部科学省は早く作って欲しい」と主張した。

   投稿者はその後ツイートを削除。アカウントは非公開になっている。

   つい最近では、お笑い芸人のたむらけんじさん(43)も「一般の皆さんの盗撮が酷すぎてしんどい。てか、盗撮してるとゆう認識が全くないんやろな」(5月8日)と、ロケ中の無断撮影についてツイッターで嘆いていたばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中