2019年 3月 21日 (木)

映画に「メンズデイ」とかあったの!? TOHOシネマズ「割引終了」に驚きの声

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   大手シネマコンプレックス(複合型映画館)の「TOHOシネマズ」が、男性向け割引プラン「メンズデイ」の廃止を決めた。一般的に、女性向け割引プラン「レディースデイ」と比べ、知名度がやや低い印象を受けるメンズデイ。

   廃止、存続の問題以前に、その存在自体を知らなかった人が多く、ネット上では「メンズデイとかあったのか」と思わぬ反響が寄せられている。

  • 貴重な「メンズデイ」(画像はTOHOシネマズ新宿)
    貴重な「メンズデイ」(画像はTOHOシネマズ新宿)

「男女差別」ではなく「利用者が少なかった」だけ

   TOHOシネマズがメンズデイ廃止を発表したのは、2016年4月22日のこと。メンズデイは、毎週木曜日に男性が1100円で映画を観覧できるサービスで、一部利用者には重宝されていた。

   同社は今回、「カップルデイ」や「ファーストショー割引」といった他の割引プランも合わせて7月1日上映分から廃止すると決定。これにより、地域間で差があった通常料金が一般1800円、大学生1500円、高校生以下1000円の3つの料金体系に収斂する。なお、5月16日現在すべての劇場で実施されている、毎週水曜日のレディースデイ(1100円への割引き)は存続が決まった。

   発表をうけ、ネット上では「なんというか、世知辛いのう......」と惜しむ声、レディースデイ存続を「男女差別」だと指摘する声、などさまざまな反応が起きた。

   メンズデイをやめる理由について、同社の担当者はJ-CASTニュースの取材にこう語る。

「利用者数が私どもの期待水準に届かなかったのが一番の理由です」

   「男女差別」ではなく、要は「利用者が少なかった」だけらしい。

   そんなコメントを象徴するように、メンズデイの存在を今回初めて知った人も多かったようだ。

「何だそれは」
「メンズデイとかあったのか」

という驚きの声もまた、ツイッターに相次いでいる。

   それもそのはず、メンズデイを実施しているTOHOシネマズの劇場は全65館中12館(おいらせ下田、秋田、宇都宮、ひたちなか、水戸内原、津島、東浦、木曽川、岐阜、モレラ岐阜、岡南、緑井)しかない。もちろん、東京都内や大阪府内の劇場はゼロだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中