2018年 10月 15日 (月)

旧海軍幹部ゆかりの老舗料亭「小松」が全焼 横須賀市

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   神奈川県横須賀市の老舗料亭「小松」から2016年5月16日17時10分頃出火し、約1時間後にほぼ消し止められたものの、木造2階建ての延べ約1300平方メートルが全焼した。この日は定休日でけが人はいなかったが、隣接するマンションに住む女性(76)が煙を吸って病院に搬送された。軽傷という。

   「小松」は旧日本海軍の「鎮守府」が横須賀に設置された翌年の1885年創業で、連合艦隊司令長官の東郷平八郎や山本五十六ら旧日本海軍の歴代幹部らが通ったとされ、地元では「海軍料亭」として親しまれた。店内には歴代海軍軍人らの筆による書も多数保管されていた。出火原因については調査中。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...