2019年 7月 21日 (日)

舛添問題「あまりにも、みじめな話」と酷評 石原慎太郎氏、「お金がないんで気の毒ですなぁ」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   東京都の石原慎太郎元知事(83)と亀井静香衆院議員(79)が2016年5月19日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、米大統領選で共和党からの指名を確実にしている実業家ドナルド・トランプ氏(69)との「意見交換」を申し入れたことを明らかにした。トランプ氏が「日本に対する本質的な理解を欠いている」というのがその理由だ。

   会見では、2人は独自の見解を次々に披露。石原氏は東京都の舛添要一知事について、「あまりにも惨め」だと述べ、結婚と離婚を繰り返した結果、「お金がないんで気の毒ですなぁ」などと独自の分析を披露。亀井氏は、米国のオバマ大統領による広島訪問について、反省・謝罪の言葉がないのであれば「おいでいただかないでほしい」と主張した。

  • 亀井静香氏(左)は「トランプに対して花札で勝負」とアピール。石原慎太郎氏は「中国崩壊」の願望も口にした
    亀井静香氏(左)は「トランプに対して花札で勝負」とアピール。石原慎太郎氏は「中国崩壊」の願望も口にした

オバマ大統領の反省・謝罪がないのであれば「もう、おいでいただかないでほしい」

   石原氏は、舛添氏の問題については、苦笑いしながら突き放すように

「舛添さんの問題はねぇ、あまりにもねぇ、みじめな話で...。ただ彼は、随分何回も結婚して離婚してるんで、お金がないんで気の毒ですなぁ」

などと表現。石原氏が4回も都知事当選を果たす「長期政権」だった理由を

「やはり役人を使ったこと。役人ってのは利口かもしれないが発想力がまったくない。それは、文明がいかに動いているかを知らない限り、必要な行政の発想は出てこない」

などと分析した。

   亀井氏は、5月27日に予定されているオバマ大統領の広島訪問について口火を切った。 亀井氏は広島県庄原市出身で衆院広島6区選出。姉で俳人としても知られた出井知恵子さんは原爆投下直後の広島に入って被爆し、1986年に57歳の若さで敗血症で死去している。

   亀井氏は、

「何も私の姉が原爆で殺されたということだけで申し上げているわけではない」

と前置きした上で、

「反省もされない、謝罪もされないのであれば、もう、おいで頂かないでほしい。それを(反省・謝罪)されないでおいでいただくとすれば、凶悪な、残虐な、そうした戦闘行為をした国の現在の大統領が我々の前に見せ物として姿を現すのか」

と語気を強めた。その上で、

「もし見物においでになるのであれば、大統領をお辞めになられた後、おいでください。私も歓迎いたします」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中