2021年 2月 27日 (土)

「勝手にWindows10」騒動、MSついに屈服? 「更新回避法」を動画で紹介する事態に

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   マイクロソフトの最新基本ソフト「Windows10」をめぐり、ここ1週間ほど「勝手にアップグレードされた」とする声がインターネット上に殺到している。

   「原因」は無償アップグレードの仕組みが変更されたため。同社としては「利用者がより簡単に更新できるように」したつもりだったが、逆に混乱を招いてしまったようだ。

  • 「アップグレード開始後のキャンセル方法」を丁寧に紹介(画像は動画のスクリーンショット)
    「アップグレード開始後のキャンセル方法」を丁寧に紹介(画像は動画のスクリーンショット)
  • 「アップグレード開始後のキャンセル方法」を丁寧に紹介(画像は動画のスクリーンショット)

「風呂から上がったらWindowsアップグレードしてる」

   同社がWindows10の提供を始めたのは2015年7月のこと。以来、「Windows7」「Windows8.1」の利用者には2016年7月29日までの期間限定で無償アップグレードを実施している。

   ただ利用者の中には、周辺機器との兼ね合いなどからアップグレードしたくない人もいる。その場合は、パソコン画面に切り替えを促す通知が表示された際に「×」をクリックするなどして、更新を避けることができた。

   しかしネット上には、ここ1週間ほど、

「Windows 10に勝手に更新された!なにこれ!?」
   「風呂から上がったらWindowsアップグレードしてる」
   「お前さっきまでCD取り込んでくれてたやんけ」

と困惑の声が続々と寄せられ、騒動になっている。

   原因は5月13日に通知画面が変更されたことだ。これまでアップグレードのタイミングは利用者自身が決められるようになっていたが、今回の変更により、画面に表示された日時に自動的に実行される仕組みになった。無償期間の終了が約2か月後に迫る中、普及強化を図ったのだろう。

   利用者が更新を回避するには、通知内にある「ここをクリックすると、スケジュールを変更、または予約をキャンセルできます」という部分をクリックし、利用者自ら予約を取り消さなければならない。これまで通り画面右上の「×」をクリックしてもキャンセルしたことにはならないので注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中