2020年 8月 7日 (金)

ストーカー規制法の「死角」 メールはアウト、でもSNS書き込みは...

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   アイドル活動をしていた冨田真由さん(20)の刺傷事件で、容疑者の男(27)は、ツイッターやブログで執拗に冨田さんへの嫌がらせを続けていた。しかし、現状では、それだけで「ストーカー」とはみなせないというのだ。

   冨田さんの首など20か所以上も刺したという男は、報道によると、警視庁の調べに「殺すつもりだった」と供述したという。警視庁では2016年5月23日、殺人未遂などの疑いに切り替えて東京地検に男を送検し、犯行までの経緯を調べている。

  • 容疑者は駅前から後をつけていたが…
    容疑者は駅前から後をつけていたが…
  • 容疑者は駅前から後をつけていたが…

4か月で400件もツイート

   報道や男のSNS書き込みから、事件の全容が次第に分かってきた。

   きっかけは、男が1月17日のライブで冨田さんに贈り物をしたことかららしい。

   男はライブ終了後に会場出入り口付近で腕時計などを渡し、「どこに住んでるの?」などと冨田さんのプライベートまで聞いてきた。男のツイッターでも最初は、「真由ちゃんと飲み交わしたい」などと穏やかだったが、次第に表現がエスカレートした。

   冨田さんから返信がないことにいら立ち、2月1日には、「『腕時計』捨てたり売ったりするくらいなら返して」などと呼びかける。さらには、「もっと見下しばかにしてみろよ」と罵倒するようになり、4月19日のブログでは「死ねよ」と何度も繰り返し書き込んだ。

   冨田さんは、気味が悪くなって腕時計などを返送したが、直後の4月28日には、男は、「ほんと嫌な女」などと抗議のツイートをした。この日は、「そのうち死ぬから安心してね」と何かを示唆するようなことも漏らしている。

   男は翌日のブログで、冨田さんからツイッターをブロックされたことも明かしていた。この1~4月の間に、男は冨田さんのことで400件ほどもツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中