2019年 2月 23日 (土)

肩こりが危険な病気を引き起こす 心臓疾患に肝炎、痛みの放置は禁物 

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

【主治医が見つかる診療所】(テレビ東京)2016年5月16日放送
「肩こりのウラに潜む危険な病気の早期発見法」

   老若男女、多くの人が悩まされている「肩こり」。もしかすると、命にかかわる危険な病気のサインかもしれない。

   キーワードは「左右のこりの違い」だ。

  • あまり我慢しすぎない方がよさそう
    あまり我慢しすぎない方がよさそう

左肩のこりは心疾患のサイン

   都内に住む片山勝夫さん(72)は、1991年、48歳の時に心筋梗塞と診断された。

   当時そば屋を経営していた片山さんが、最初に異変を感じたのは診断の半年前だった。右肩は何ともないのに、左肩がズキンズキンと痛むようになった。

片山さん「何でこっち(左)だけなんだろう。職業病かなと思いました。出前の重みで肩が圧迫されて痛いのかなと」

   その痛みは24時間続き、マッサージしても治らず、余計に痛くなった。

   そして最初に肩こりを感じてから約半年後のある日、仕事中に息苦しく、異常に汗が出た。喉に何かが詰まったような苦しさで、1度帰宅して寝ようとしても苦しくて寝ていられない。我慢できず病院へ行くと、心筋梗塞を発症していたことがわかった。

   緊急入院し、血管の詰まりかけた部分を網状の筒(ステント)でひろげて血流を回復させる「冠動脈カテーテル治療」がほどこされ、一命を取り留めた。

   田中正博さん(仮名、54)も、心臓の疾患が左肩のこりを引き起こしていた一人だ。

   最初の異変は30代半ば、営業マンとして忙しい日々を送っていた時だった。

田中さん「左側の肩が張り、肩甲骨のまわりがこるというか、張るという感じ。きつくつままれたような、足がつるようで、単純に疲れかと思っていた。これが肩こりなのかなと」

   痛みは月1回感じる程度だったため放置していたが、4年後、そのこりに変化が。肩だけでなく、左の上半身が骨折した時のようにひどく痛み、多い時には週1回ほどの頻度になった。

   さらに左側の歯からあごにかけて、歯が全て抜けてしまうのではと思うほどの痛みと、眼球が前に出てしまうのではと感じるくらいの頭痛もともなった。

   最初に異変を感じてから10年後のある朝、左上半身の激痛が10分以上続いた。息ができず、自力で立ち上がることもできないほどで、救急車で病院へ搬送。診断は「狭心症」だった。

   狭心症は心臓に血液を送る血管がせまくなり、胸の痛みや圧迫感などが出る病気で、進行すると心筋梗塞を発症、突然死の可能性もある。

   田中さんが感じていた痛みは心臓の異常から来るものだったと医師から告げられ、投薬治療で症状は改善した。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中