2019年 1月 21日 (月)

インドで2200人超が輸血でHIV感染 血液検査不十分、不衛生な環境も影響

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   インドで2014年10月~2016年3月の間、病院での輸血により2234人がエイズウイルス(HIV)に感染していたと、AFP通信など複数のメディアが2016年6月2日 までに報じた。市民からの情報公開請求を受けたインドの国家機関が、データを開示したという。

   HIVを含む血液、精液、膣分泌液、母乳が、粘膜や傷口に触れると感染する。インドでは輸血の際、HIV、肝炎、マラリアの検査が義務付けられている。しかし、予算不足で器具がそろわないため十分な検査が行われておらず、衛生状態の悪さもあって感染が拡大した可能性がある。

   国連合同エイズ計画(UNAIDS)の発表によると、2014年時点でのHIV感染者数は全世界で約3690万人。そのうち、インドには約210万人がいるとされる。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中