2018年 8月 16日 (木)

インドで2200人超が輸血でHIV感染 血液検査不十分、不衛生な環境も影響

印刷

   インドで2014年10月~2016年3月の間、病院での輸血により2234人がエイズウイルス(HIV)に感染していたと、AFP通信など複数のメディアが2016年6月2日 までに報じた。市民からの情報公開請求を受けたインドの国家機関が、データを開示したという。

   HIVを含む血液、精液、膣分泌液、母乳が、粘膜や傷口に触れると感染する。インドでは輸血の際、HIV、肝炎、マラリアの検査が義務付けられている。しかし、予算不足で器具がそろわないため十分な検査が行われておらず、衛生状態の悪さもあって感染が拡大した可能性がある。

   国連合同エイズ計画(UNAIDS)の発表によると、2014年時点でのHIV感染者数は全世界で約3690万人。そのうち、インドには約210万人がいるとされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中