2020年 7月 9日 (木)

大和君が歩いた約10キロの上り坂 その先の演習場は捜索せず

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   北海道で無事保護された北斗市立浜分小2年の田野岡大和(やまと)君(7)は、「置き去り」から7日間の様子が少しずつ分かってきた。それは「大人」の想像を超えた子供の行動だった。

   おにぎりを手にした大和君は、やや痩せた様子はあるものの、顔色もよくしっかりと立っている。これは、2016年6月3日放送の日テレ系「ミヤネ屋」が入手したという写真の姿だ。

  • 北東方向の演習場までかなりあるが…(下の★が行方不明となった辺り、上の★が演習場の小屋。グーグルアースより)
    北東方向の演習場までかなりあるが…(下の★が行方不明となった辺り、上の★が演習場の小屋。グーグルアースより)
  • 北東方向の演習場までかなりあるが…(下の★が行方不明となった辺り、上の★が演習場の小屋。グーグルアースより)

「置き去り」場所から続く林道

   報道によると、大和君は5月28日17時ごろに七飯(ななえ)町の林道で置き去りにされた後、「山の中を歩いてきた」と話した。この日の夜のうちに、隣の鹿部町にある陸上自衛隊駒ケ岳演習場内の宿舎にたどり着き、そこで水道水を飲むだけで1週間を過ごしてきたという。

   ここは、置き去りの現場からは、北東へ直線距離で6キロ離れている。警察などでは、現場から15キロ四方を捜索しており、演習場内は対象外になっていた。

   そんな中で、大和君は、どうやってここまでたどり着いたのだろうか。

   七飯町の総務財政課によると、置き去りの現場は三叉路の分岐点になっている。大和君はそこで、父親が運転していた車が通った道とは違う道に入ったらしい。ここも林道になっており、そのまま行くと演習場で行き止まりになっていた。この林道一帯も捜索したというが、演習場内は捜索しなかった。

「砂利道の上り坂になっており、大人でも約10キロを歩いて2時間ではとても演習場まで行けないようなところです。7歳の子供の行動範囲を考えると、あえて山に向かうことは考えられません。それも夜ではそこまでの行動はしないだろうと、捜索範囲を決めました」

   町では、演習場まで捜索に含めなかった理由をこう説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中