2018年 12月 16日 (日)

産経モスクワ支局への「誤発送」事実上認める ロシア外務省報道官

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ロシア外務省が産経新聞を批判する内容の文書を誤って産経新聞モスクワ支局に送り、その顛末が産経新聞のコラムで暴露されたことを受け、ザハロワ報道官が2016年6月3日夜(日本時間)、自らのフェイスブックページで「誤発送」を事実上認めた。

   ザハロワ氏はフェイスブックで、

「手紙がどうやって(誤って産経新聞に)届いたかについては分からない。配達人が間違えたのか、それとも誰かが『友達』として渡したのか...」

と触れた。そもそも外務省としては「本件について公にコメントするつもりはなかった」が、「(産経側が)他人の手紙を読み、引用した」ため、今回の書き込みにつながったようだ。

産経コラムでの引用内容とほぼ一致

   ザハロワ氏によると、外務省は外国報道機関にビザを出している関係で、様々な機関から問い合わせを受けている。そのひとつとして産経新聞の取材を受けるべきかどうかについても問い合わせがあったが、「(産経新聞の)2国間関係についての報道は、産経新聞を真面目な新聞だと認識すべきかどうかについて、疑問を投げかけるものだった。ナショナリスティックな方向性が明らかだった」として、同紙を推薦することはできないと返答したという。

   産経新聞のコラムでは、誤って送られてきた文書の中身を

「産経新聞は日本の主要活字メディアの中で、ナショナリズムの方向性によって特別の地位を占めている。ロシアに関する多くの記事は批判的、時に攻撃的であり、事実はしばしば歪曲(わいきょく)され、否定的な見地で伝えられる」

と紹介。ザハロワ氏の書き込みの内容とほとんど同じで、誤って送られた文書が本物の「公式文書」だったことを事実上認めた形だ。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中