2022年 11月 29日 (火)

グリーンカレーに「味噌汁」はありなのか 松屋のサービスで賛否

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   松屋の新商品「チキンと茄子のグリーンカレー」をめぐり、今、インターネット上でアツい議論が繰り広げられている。

   焦点はグリーンカレーの味そのものではない。サービスで提供される「味噌汁」の存在意義、およびそのマリアージュだ。

  • 話題の「チキンと茄子のグリーンカレー」。まろやかかつスパイシーな味わいがクセになる(写真は6月6日撮影)
    話題の「チキンと茄子のグリーンカレー」。まろやかかつスパイシーな味わいがクセになる(写真は6月6日撮影)
  • お盆の上で「汁物」が並ぶ
    お盆の上で「汁物」が並ぶ
  • 話題の「チキンと茄子のグリーンカレー」。まろやかかつスパイシーな味わいがクセになる(写真は6月6日撮影)
  • お盆の上で「汁物」が並ぶ

「美味しすぎる」「つける必要あるか?」

   松屋を運営する松屋フーズは2016年5月24日、「チキンと茄子のグリーンカレー」を発売した。厚切りチキン、タケノコやナス、そして濃厚なココナッツミルクを入れた本格タイ風グリーンカレーで、並盛650円、大盛710円で販売している。

   もともとカレーの味に定評がある松屋だが、エスニックカレーの投入は今回が初めて。販売開始直後からネット上でも話題になった。

   そうした中、ネット上で議論が盛り上がっているのが「グリーンカレーに味噌汁がついてくる問題」だ。

   松屋では店内利用者を対象に、サイドメニューなど一部商品を除く全メニューに無料で味噌汁をつけている。テイクアウトの場合は60円かかるが、同じ牛丼チェーンである「吉野家」「すき家」は店内利用の場合でも各60円、80円で販売している。

   リーズナブルな牛丼に汁物までつけてくれる同サービスは、客にしてみればありがたい限りだろう。しかし、これがグリーンカレーとなると違和感を覚える人が少なくないようだ。

   ネット上では「美味しすぎる」「レベル高い」とグリーンカレーへのラブコールが寄せられる一方、

「しかし、味噌汁つける必要あるか?」
「何が何でも味噌汁が付いてくる松屋」
「味噌汁が世界観壊しすぎw」

といった声が相次ぎ投稿されている。

   ただ、これには「味噌汁が付いてこなかったら、そんなの松屋じゃない」「そんな松屋が大好き」との反論も。不思議な組み合わせであっても独自サービスを貫く姿勢を評価したい――という層が根強くいるようだ。

   同時に「味噌汁を飲むタイミングがわからない」との声も目立つが、これにはカレーを食べる前後に飲み干す、との解決策を講じる人が多い。中には「インドカレーのラッシー的な作用がある」と分析する人もいた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中