2019年 10月 15日 (火)

「友達だから選挙応援」? 参院選出馬の今井絵理子ツイートが物議

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   女性4人グループ「SPEED」の元メンバー、今井絵理子氏(32)の「友達論」が波紋を広げている。

   今井氏は2016年夏の参院選(6月22日公示、7月10日投開票)に自民党の比例代表候補として出馬予定だ。すでに事務所開きを済ませ、全国各地を巡っている。そうした中、「選挙」と「友達」を絡めた文章をツイッターに投稿した。

  • 自民党から比例代表候補として出馬予定の今井絵里子氏(写真は2011年撮影)
    自民党から比例代表候補として出馬予定の今井絵里子氏(写真は2011年撮影)
  • 6月14日に投稿されたツイート
    6月14日に投稿されたツイート

「しがらみや事情など気にせず...」

   ツイートが投稿されたのは6月14日未明のこと。

「誰かが言ってた。『選挙の時に、真の友人かどうかがわかる』と。同級生の友が胸をはって応援してくれている姿に涙が出た。しがらみや事情など気にせず、『友だちだから』という一言で色々な場所で発信をしてくれている。彼女の夢や期待を裏切らないように走り続けたい。深夜のつぶやきでした」

   公示日が間近に迫る中、旧友たちの温かな応援が心に響いたようで、思いを新たにしたようだ。

   今井氏が出馬を正式表明したのは16年2月のこと。自民党本部で行った会見では「障害を持つ子供たちが明るい希望を持てる社会づくりをしたい」と手話を交えながら訴えた。

   背景にあるのは聴覚障害をもつ愛息子、礼夢くん(11)と歩んできた日々だ。パンクバンド「175R」のSHOGOさん(36)との間に授かった長男で、07年の離婚後はシングルマザーに。育児と仕事を両立させながら、福祉ボランティアにも熱心に取り組んできた。

   一方、今井氏は多数の米軍基地を抱える沖縄県の出身。安倍政権および自民党の推し進める普天間基地の辺野古移設を巡っては、地元を中心に反対の声も根強いが、本人はこれまで具体的な言及はしていない。出馬会見では「負担軽減は共通の思い。自分の目で見て、沖縄の声を直接聞き、真剣に取り組みたい」と述べるにとどめた。

   沖縄にいたのは12歳までで、ツイッターに登場する同級生が沖縄時代かどうかははっきりせず、同級生らの「しがらみ」や「事情」が何であるのかも記されていないが、それらを気にせず「友だちだから」と応援してくれる彼らは、まさに「真の友人」だと感じられたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中