2019年 12月 13日 (金)

海老蔵、4度目の「取材自粛要請」 「執拗雑誌」不買運動に発展か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   妻・小林麻央さん(33)の乳がん公表後、マスコミに取材自粛を繰り返し要請してきた歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が、またもや「静かに見守ってください」と呼びかけた。

   芸能人を「公人」とするならば、説明責任は2016年6月9日の会見で十分果たしたはず――。インターネット上ではそう感じている人も多く、行き過ぎた取材を続けるマスコミへの批判が集中している。

  • 市川海老蔵さんは6月9日の会見で妻・小林麻央さんの乳がんを公表した
    市川海老蔵さんは6月9日の会見で妻・小林麻央さんの乳がんを公表した

「雑誌の方々、静かに見守ってください」

   海老蔵さんは17日朝、「あらためて」と題してブログを更新。

「多くの記事を目にします。まおのことに関しましては 雑誌の方々、静かに見守ってください。よろしくお願いします。何度も何度も申し訳ございません」

とつづった。日頃は自身や子供たちの写真を載せていることが多いが、同記事は文章のみ。切実な思いであることがうかがえる。

   「何度も何度も」とあるように、海老蔵さんはマスコミに対し重ねて取材自粛を訴えてきた。

   そもそも9日の会見は自ら積極的に開こうとしたものではなく、麻央さんの病状を一部スポーツ紙が「スクープ」したことで自宅周辺に取材陣が殺到したことから「やむなく」開いたものだった。

   会見では質問一つ一つに丁寧に答える誠実さを見せる一方、今後の取材自粛を求めた。言い回しを変え、時にユーモアを交えながら、何度も理解を求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中