キャメロン英首相が辞意 EU離脱派「勝利」受け

印刷

   イギリスのキャメロン首相は2016年6月24日夕(日本時間)、記者会見を開き辞意を表明した。EU離脱への賛否を問う国民投票で離脱派が勝利したことを受けた対応で、首相は残留を支持していた。会見で「新しい指導者が必要だ」と述べたが、今後約3か月は首相として職務を続けるという。EU離脱への交渉は、新しい首相に任せるべきだとの考えも示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中