2018年 10月 23日 (火)

英国民投票、最新世論調査がみんなハズれ! 報道された日本で混乱に拍車

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   英国の国民投票で、欧州連合(EU)離脱派が勝利したことを受け、2016年6月24日の東京株式市場は全面安となり、今年最安値となった(1万4952円02銭)。

   日本時間で24日早朝の段階では、残留派がやや優勢との英国での世論調査結果を日本のメディアが伝えており、混乱に拍車がかかったようだ。結果は世論調査の逆で、100%開票時点で離脱派が約52%、残留派が約48%だった。

  • 朝のニュースでは残留派優勢と報じられていたが…
    朝のニュースでは残留派優勢と報じられていたが…

「4ポイント差」は同じだったが、結果は真逆

   24日朝、NHKは大手世論調査会社「YouGov(ユーガブ)」の調査結果を伝えた。投票日当日に約4700人を対象に行ったもので、「離脱」48%、「残留」52%だった。ユーガブの結果は、テレビ朝日系(ANN)のニュース番組でも紹介していた。

   また、日本テレビ系のニュースでは、ロンドンに拠点を置くSkyNews(スカイニュース)の最新調査結果(「離脱」48%、「残留」52%)を引用して報じた。

   ところが、正午を過ぎたあたりから離脱派優勢の報道が増え、14時ごろにはBBC(イギリス公共放送)が「離脱派の多数が確実に」と報じた。その後、夕方には開票が100%となり、離脱派勝利がはっきりした。

   朝のニュースで、残留派優勢との世論調査結果を報じるニュースを目にした人は多いようで、ツイッターやネット掲示板には、

「朝マスゴミが残留といってたのはなんだったのでつか?」
   「事前には残留が優位と伝えられていたが」

といった恨み節に近い書き込みや、 イギリス人の気質と絡め、世論調査に正直に答えなかったのでは、との推測を披露する人も複数いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...