2019年 5月 20日 (月)

記事読まずにコメント6割 「タイトルだけで反応」のネット民

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ツイッターやフェイスブックといったSNSユーザーの約60%が、ニュースの元記事を読まず、タイトルのみを見てリツイートやコメントを書いている――。そんな世界的な調査結果が出た。

   これに対し、日本のネット掲示板「2ちゃんねる」でも、「リンク先の記事を確認する奴は殆どいない」といった意見が出るなど、日本でも同様の状況は広がっているようだ。

  • リンク先を確認せずリツイートしている人が大半らしい(写真はイメージ)
    リンク先を確認せずリツイートしている人が大半らしい(写真はイメージ)

記事を読むより共有することに喜びを感じる

   米ワシントンポストの電子版(2016年6月16日)によれば、コロンビア大学とフランス国立研究所のコンピュータ科学者が15年夏に1カ月間かけてCNN、ニューヨーク・タイムズ、ハフィントン・ポスト、BBC、フォックスの5つのニュースドメインとSNSのリンクを調査したところ、リツイートやコメントを書いている人の59%が元記事のリンク先をクリックしていないことが分かった。つまり、タイトルのみを見て判断しネット上に拡散していたのだという。さらに、記事が出てから数日経った後でそのタイトルを知った人の多くもリンク先をクリックしていなかった。ワシントンポストは、ほとんどの人がニュースを読まずにリツイートするように見える、とし、

「あなたとあなたの友人の軽率なリツイートが、私たちの政治的、文化的な議題を実際に形成しています」

と警鐘を鳴らした。

   なぜ元記事を読まずにリツイートするのかについては、人々は記事を読むことよりも、記事を共有することに喜びを感じている。そのため、深く知ろうとする努力をすることなく、要約や、さらに要約の要約であるタイトルに基づいた意見を発信するようになっている。これは現代の情報消費の典型だ、と論じている。

   一方で、ネット記事のタイトルの中には、記事に誘導するための独特の表現が少なくないが、実際に記事を全部読まなければ分からないものも多い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中