2019年 7月 22日 (月)

アマゾン、電子書籍の「読み放題」開始? 出版界は音楽業界の「二の舞」か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   アマゾンジャパンが電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited(キンドル・アンリミテッド)」を、2016年8月初めにも開始する方向で複数の出版社と交渉していると、6月27日付の文化通信が報じた。

   電子書籍の「読み放題サービス」はコミックスなどを中心にすでにはじまっているが、その一方で出版社や作家などの収入がますます減るのではないかと、懸念されている。

  • アマゾンジャパン、「Kindle」に定額読み放題サービスを準備中?
    アマゾンジャパン、「Kindle」に定額読み放題サービスを準備中?

「Kindle使い、月額980円で」と報道

   アマゾンの電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」は、利用者が月額料金を支払うと、このサービスに参加する出版社が提供しているKindle版の電子書籍や雑誌、コミックスなどが読み放題になる。

   米国ではすでに、2014年に読み放題サービスの提供を開始しており、60万冊を超える電子書籍が月額9ドル99セント(約1000円)という手ごろな価格で読める。Kindleはもちろん、iOSやAndroidなどのKindleアプリが動く端末であれば、どれでも利用できるが、 アマゾンはこのサービスを日本にも導入しようということのようだ。

   メディア産業の総合専門紙「文化通信」は2016年6月27日付で、出版社の関係者の証言として、アマゾンが出版社に対して、「8月初めのサービス開始に向けて、6月中に契約を締結するよう求めている」と報じた。実現すれば、月額980円で本や雑誌などが読み放題になる。

   大手を含め、出版社がどの程度参加するかは現時点では不明だが、アマゾンは出版社に対してロングセラーや、現行のKindle版と同じ内容での提供を求めているとされ、「収益の半額を電子書籍の利用量に応じて出版社に支払う」などとの条件を提示しているようだ。コンテンツも出版社が選んで提供するという。

   アマゾンは2016年6月27日、J‐CASTニュースの取材に「現時点で、当社からコメントすることはありません。今後、必要があればアナウンスさせていただきます」と話した。

   アマゾンの読み放題サービス提供の情報に、インターネットでは、

「映画に音楽、ついに本も定額で読み放題か!」
「まぢかっ!? 対象となる本がどれだけあるかだな」
「マンガだけじゃなく、雑誌とか小説とかも読み放題になればいいんだけど・・・」
「1か月経過した本とかが読み放題なら、契約するわ」
「米国にあって、なんで日本にないんだって思ってた」

と、歓迎ムードが漂う。

   電子書籍を読みなれていて、たくさんの本を読みたいという人には「朗報」として受けとめられているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中