2019年 11月 22日 (金)

エリート裁判官、半裸画像投稿して「注意」 ファンら「個人の自由では」と大擁護

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ネット上に半裸の自撮り写真を投稿したとして、東京高裁の岡口基一(おかぐち・きいち)裁判官(50)が、高裁から口頭で注意を受ける事態となった。

   岡口裁判官は「際どい」自撮り写真をSNSに数多く投稿する「有名人」で、掲示板サイトには「ファンクラブ」のスレッドができるほどだ。そのためか、ネット上で「個人の自由では?」「たいした迷惑かかってない」と擁護する声はやまない。

  • なぜ白ブリーフが好きなのか……(画像は本人の公式ツイッターアカウントより)
    なぜ白ブリーフが好きなのか……(画像は本人の公式ツイッターアカウントより)

東大卒業後、ベストセラー法律書を執筆

   岡口裁判官は東大法学部卒業後、1994年に任官。水戸地裁や大阪高裁、東京地裁を経て、2015年4月から東京高裁の裁判官を務めている。民事訴訟などに関する著書は多く、中でも『要件事実入門』(創耕社)、『要件事実マニュアル』(ぎょうせい)のシリーズはベストセラーとなった。2冊は司法試験受験生の「バイブル」との呼び声が高い。

   携わった判例も多い。過去の新聞記事を参照する限り、05年の水戸地裁時代に石岡市議が保険会社から約170万円をだまし取った事案を担当。現在は、13年に起こった笹子トンネル事故をめぐる損害賠償訴訟の控訴審を担当している。

   そんな岡口裁判官のもう1つの顔が「自撮り好き」だ。数年前からツイッターや自身のブログに白いブリーフパンツ1枚をはいただけで撮影した写真を投稿し、鍛え上げられた肉体美を披露していた。右手にカメラ機能付き携帯電話を構え、自分の姿が映る姿見鏡を撮影する独自の手法は自撮りの英訳「selfie」(セルフィー)を文字った「okafie」、または「岡口撮り」と呼ばれた。ファンも多く、一部の掲示板サイトに「岡口判事ファンクラブ」といったタイトルのスレッドが立つほどだ。

   「白いブリーフ写真」以外にも、縄で縛られている状態の「緊縛」写真(すでに削除)や「エロエロツイート頑張るね」といったツイート(すでに削除)を投稿することもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中