高知東生・酒井法子に「介護をなめるな」の声 「します」アピールも実態なし

印刷

   「介護をなめるな」――。先日、覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元俳優の高知東生容疑者(51)の近況が分かるにつれ、インターネット上には、こんな怒り交じりの声が上がるようになった。

   高知容疑者は2015年に芸能界を引退。理由については当時、妻である高島礼子さん(51)の実父の介護に専念するためと報じられていた。しかしフタを開けてみると、世間がイメージする介護とは大きな隔たりがあったようだ。

  • 酒井法子さんは、介護の勉強をすでに「終了」している(2016年6月28日撮影)
    酒井法子さんは、介護の勉強をすでに「終了」している(2016年6月28日撮影)

高知容疑者は「書類仕事」に「シフト組み」

   高島さんの父は2004年に難病のパーキンソン病と診断され、高知・高島夫妻は10年以上にわたって介護を行ってきた。そうした中、高知容疑者は介護と家庭のサポートに専念することを決め、15年6月に所属事務所を退社。7月に芸能界引退が報じられた。

   報道直後には週刊誌の取材に「介護の勉強を始めたい」「お義父さんの人生に役立つことができれば」と意気込みを語っていたほどで、献身的な決断は当時「美談」として話題になった。

   だが、それから1年間、高知容疑者は「介護に専念」というには首をかしげざるを得ない生活を送っていたらしい。

   2016年3月、明治座公演「御宿かわせみ」の制作発表に出演した高島さんは、父の介護はヘルパーがやっていると説明。夫については「書類仕事を率先してやってくれている」とコメントしていた。

   また、「女性自身」7月12日号の記事によると、高知容疑者は逮捕される3週間前のインタビューで、現在の介護状況について「24時間、介護ヘルパーをつけている」としていた。

   その上で自身の役割については「そのヘルパーのシフトを組んで、日々の報告を僕が引き受けているんです」と明かしている。――シフト組みが中心では、引退当時に話していた「介護の勉強」は特段必要なさそうだ。

   一方、高知容疑者は15年冬に「体温管理士」の資格を取得し、16年5月に横浜市内でエステ店をオープンしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中