2020年 9月 27日 (日)

SEALDsサイト「煽りまくりコラム」が話題 「民進党が信用できなくても、どうでもいい」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

「なんと明確で分かりやすいことか!」VS「日本の為にならない」

   また、野党が勝てば、自民党内で改憲草案などに疑問を持っている党員たちが意見を言うようになるとも主張。逆に、現在の自民に投票することは「懐の深い保守政党だった自民党」の息の根を止めることになるとの見方を示し、「今回ばかりは『新しい判断』が必要」と訴えている。

   最後には、投票行動は各人の判断であると付け足して「少なくとも選挙には行きましょう!」と呼びかけるにとどめているが、全体的には自民党を中心とする改憲勢力の「落選運動」といった趣だ。

   コラムはネット上で反響を呼び、「なんと明確で分かりやすいことか!」「貴方の1票が誰かの命につながります」「正に我が意を得たり」といった賛同の声が寄せられている。

   一方で、「全く論拠が示されていない」「投票するときは政党で決めるのではなく、立候補者の考えを見て決めたい」「こういうやり方で野党議席が伸びたら野党の為にも日本の為にもならない」「こういうのに乗せられて民主党政権が出来てしまった」といった疑問や反論も上がっている。

   自民党の支持層に読ませたいのならば、自民党が支持層から評価されている論点(主に経済政策)について対抗する内容でなければ意味がない、とする意見も散見された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中