2019年 9月 21日 (土)

テリー伊藤、陣痛女性に「大袈裟じゃないか」 「無神経すぎる」と批判殺到

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   「陣痛を知らない奴が語るな」「どれだけ女性が大変なのか理解しろ」――。タレントのテリー伊藤さんが情報番組で口にした、女性の「陣痛」をめぐる発言がネット上で激しいバッシングを呼んでいる。

   テリーさんは、出産前の陣痛に苦しむ女性のエピソードをめぐり「大袈裟じゃないか」などと指摘。こうしたテリーさんの発言に対しては、母親向けネット掲示板などで「無神経すぎる」との批判が止まない。

  • 「陣痛」茶化したテリー伊藤に批判殺到(2008年6月撮影)
    「陣痛」茶化したテリー伊藤に批判殺到(2008年6月撮影)

「笑いを取ろうと思って言ったんじゃないか」

   陣痛をめぐるテリーさんの発言は、2016年7月5日放送の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で飛び出した。番組では「家庭内別居のリアル 妻たちを怒らせた夫のNG発言」と題し、夫婦の不和と家庭内別居について特集。その中では、視聴者から寄せられた「夫婦不和をめぐるエピソード」が紹介された。

   家庭内別居を20年続けているという女性が投稿したのは、三男の出産に立ち会った夫が口にした「衝撃の一言」だった。陣痛に苦しむ妻を見て、夫は「大袈裟すぎるよ。ウルサイ」と言い放ったのだという。この投稿者は、「離婚も考えたが息子3人を1人で育てる自信がなく、20年経った今もそのまま暮らしています」とも打ち明けていた。

   こうした視聴者投稿について、コメンテーターとして番組に出演していたテリーさんは「多分ね、(女性が)大袈裟だったんですよ」と一言。共演していた女性陣はすかさず「(男性だから)判断できないでしょ」などと反論したが、それでもテリーさんは、

「でも、三男でしょ?前に2人産んでる。あの時は楽だったのに、今度は大袈裟じゃないかってこと。だから(夫も)笑いを取ろうと思って言ったんじゃないか」

と夫の発言を擁護する立場を崩さなかった。

   こうしたテリーさんの発言にスタジオには笑いが起きていたが、産婦人科医の江澤佐知子氏は「男性は分からないから!」「絶対納得できない」と納得できない様子。司会の真矢ミキさんも呆れたように「いけません」と口にしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中