2018年 12月 10日 (月)

女性の8割がデリケートゾーンを処理 全米調査 高学歴な人と白人に多い

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   米国では女性の8割以上がデリケートゾーンのヘアを処理していることが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の調査でわかった。全部脱毛して、ツルツルの人が6割以上に達するという。

   米医師会誌「JAMA皮膚科学」(電子版)の2016年6月29日に発表された。

  • 「バカンス」を想定して手入れしている人も5割近い
    「バカンス」を想定して手入れしている人も5割近い

「衛生的だから」「日常的な手入れの1つ」

   調査は人種、年齢、所得、学歴など米国の女性全体の傾向を反映させるために、米郵政公社が用いる郵便集配の住宅情報をもとに18~65歳の女性をランダムに抽出。さらに調査内容の趣旨に同意し、回答のあった3316人のデータを調べた。

   それによると、2778人(83.8%)がヘアの処理を行ない、まったく処理をしたことがない人は538人(16.2%)にとどまった。処理の場所は、恥骨上部のVゾーン(73.9%)と膣周囲のIゾーン(75.1%)が多く、全部処理した人が62.1%いた。処理した理由については、「衛生的だから」(59.0%)、「日常的な手入れの1つ」(45.5%)、「性器の魅力が増すから」(31.5%)、「パートナーが好むから」(21.1%)などが多かった。また、どんな場面を想定して処理するのかという質問には、「性行為」(55.6%)が最も多く、次いで「バカンス」(45.7%)、「医療機関の受診」(40.0%)が続いた。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中