2019年 9月 21日 (土)

「若者は棄権していい。へたに投票しないで」 森達也監督インタビュー発言が物議

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   映画監督の森達也さん(60)が、政治に無関心な若者を憂慮し、そんな人は投票を棄権すべきだと週刊誌のインタビューで発言して、ネット上で論議になっている。

   森達也さんは、作曲家を演じて騒動になった佐村河内守さんを追ったドキュメンタリー映画「FAKE」などの作品で知られる。

  • 総務省は「若者が自らの将来を決める」とPR
    総務省は「若者が自らの将来を決める」とPR

「日本は同調圧力が強く、若者が多数派に流されている」

   今回の発言は、週刊プレイボーイの2016年6月27日発売号の企画「18・19歳 新有権者へのメッセージ」に掲載され、ウェブ版でも7月6日に同様な記事がアップされている。

   記事では、10日の参院選で初めて18、19歳が国政選挙で投票することを受けて、森さんが自身の考え方を披露した。それによると、明治大学の特任教授をしている森さんが、明大生20人ほどにアンケートしたところ、9割ぐらいが自民党支持だった。

   ところが、半数以上は、憲法改正はしなくていいと答えていた。自民党は自主憲法制定を掲げていることから、森さんが学生にそのことを聞くと、回答の「ねじれ」についてよく分かっていない反応だったという。

   森さんは、日本では、同調圧力が強く、若者が多数派に流れる傾向があるとし、学生も周りが自民と言えば自民と考えているのではないかと指摘する。そして、次のような挑発的なコメントをした。

「選挙に行くことは、この国のグランドデザインを考えること。それを考えられない人は棄権していい。将来を考えると、『へたに投票しないでくれ』とも思います」

   ただ、森さんは、言われて悔しかったら、もっと政治に興味を持ってほしいとも呼びかけている。アメリカでは、日本のような同調圧力はなく、若者が政治に関心を持っているとし、もし日本の若者もそういう意識を持てば、ぜひ投票に行くようにともしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中