2019年 1月 17日 (木)

安倍首相、靖国不参拝続ける? 「批判、甘んじて受け止めたい」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   安倍晋三首相は2016年7月10日夜に放送されたテレビ東京の選挙特番で、2013年12月を最後に靖国神社を参拝しないことについて保守勢力からの批判が出ていることについて「甘んじて受け止めたい」と述べた。

   今後も外交関係に配慮して当分は参拝を見送る方針を示唆した形だ。

  • 安倍首相は引き続き靖国神社参拝を見送る方針を示唆した(2016年6月撮影)
    安倍首相は引き続き靖国神社参拝を見送る方針を示唆した(2016年6月撮影)

「政治家に求められているのは、いわば思想家ではないから...」

   安倍首相の発言は、司会の池上彰氏との中継の中で出た。池上氏が安倍政権で日韓関係が改善したと指摘する中で、

「靖国神社に参拝されないとか、そもそも安倍総理をずっと支えてきた、支援してきた保守勢力の中には、『安倍さんは真の保守総理ではないんじゃないか』という批判の声も最近出ている」

と質問したのに対して、安倍氏が

「政治家ですから、結果において、様々なご批判、あるいは評価もあるのだろう。それは甘んじて受け止めたい」

と答えた。池上氏が

「ご自分の思いや支持者の思いはありますけれど、総理大臣としてやるべきことをやっていくんだ、ということですね?」

と念を押すと、安倍氏は

「政治家に求められているのは、いわば思想家ではないから、どのように結果を残していくのかなんだろうと(思う)。任期を通じていかに結果を出していくかということだと思っている」

と応じ、中継は時間切れになった。

   安倍氏が最後に靖国神社を参拝したのは、第2次政権発足から1年が経過した2013年12月26日。直後に近隣諸国が反発したのに加えて、駐日アメリカ合衆国大使館が「失望している」と異例のコメントを出した。それ以降、安倍首相は靖国神社へは「真榊(まさかき)」を奉納するにとどめていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中