2018年 11月 18日 (日)

昔の阪神ファンなら大荒れ 予想外の体たらく

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   阪神が弱い。地元甲子園での巨人戦6連敗(2016年7月20日)にファンは落ち込んだ。真夏の逆襲があるのか。

「甲子園のファンに申し訳ない。いい試合を見せないといけないのに...」

   阪神の金本知憲監督は20日の巨人戦に完敗した後、元気のないコメントを発した。

  • 阪神タイガース本拠地の甲子園球場
    阪神タイガース本拠地の甲子園球場

巨人のピンチを救う役割

   この3連戦は1-2、1-6、2-6。第2、3戦は勝負にならなかった。これで地元での巨人戦は1分けを挟んで6連敗。身内の前で恥をさらしたようなものである。

   いうまでもなく、阪神-巨人は伝統の一戦として位置付けられ、他のカードとは格が違う商売になるカードである。ところが今年の阪神は、巨人のピンチを救う役割を果たしている。

   7月初め、巨人は借金5で東京ドームに阪神を迎え、2連勝。第3戦は落としたものの、一息ついた。前半戦を終えたとき借金1だったが、後半戦の最初のカードとなった阪神に3連勝し、貯金生活に入った。

   阪神は巨人を助け、自らは最下位に沈んだ。

「阪神は、巨人だけには互角で戦うことが使命となっている。だから伝統の一戦ともてはやされるのだが、これでは、ただ古いだけの戦いだ」

   OBからこんなため息がもれるほど、今の阪神は情けない状態にある。

   阪神ファンは球団歌「六甲おろし」を得点したときや勝ったときに大合唱するのだが、20日の試合では9回の攻撃が始まる前に、スタンドが一丸となって歌った。激励、鼓舞の合唱だった。ファンの心情がよく表れているシーンとなった。

開幕前には優勝候補に

   かつての阪神ファンは厳しく荒っぽかった。甲子園で3連敗でもしようものなら、大勢のファンが選手出口で待ち構え、抗議の大声を張り上げた。窮余の策として球団は監督を前面に出し、拡声器を持った監督が外に出てふがいなさを謝り、頭を下げた。

   それを思えば現在のファンは常識的といえよう。

   今シーズンの阪神は金本新監督を迎え、人心一新を図った。キャンプでは厳しい練習を行い、開幕前には優勝候補に挙がった。昨(15)年3位だったから飛躍を期待したファンは多かったと思う。

   序盤戦は上位を維持。ところが6月5日の勝率5割を最後にずるずると後退し、1か月後には借金10、そしてくだんの巨人戦全敗で今季最多の借金13まで落ち込んだ。

   この間、期待した藤川球児の先発失敗、救援に戻して成果なし、とか、開幕前に期待した若手の伸び悩みなど、思惑がことごとく外れた。大量点を失いながらエース藤浪晋太郎を交代させず、チームへのカンフル剤としたさい配も批判を浴びる裏目となった。

「1年生監督としてはつらい試練だと思うが、どうしていいのか分からないのではないか。現役時代は鉄人とか兄貴といわれてきた男だけに、ままならない現状にいらついていると思う」

   担当記者も同情的だが、勝負の世界は数字だけ。やはり阪神が勝たないとペナントレースは盛り上がらない。戦力の弱体はあるものの、真夏の逆襲をファンは待っている。(スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中