2018年 12月 11日 (火)

原爆ドームで「不謹慎ポケモン」行為か 「ただただ悲しい」とネットで非難

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   人気ゲームアプリ「ポケモンGO」のブームに広島市が頭を悩ませている。市が管理する「平和記念公園」にゲームのプレイヤーが多数集まり、市民らから「異様な雰囲気」といった苦情が数多く寄せられているためだ。

   さらには、「原爆ドーム」に設定されたゲーム内施設に、不謹慎なニックネームを付けたモンスターが配置されたとの情報もネット上で拡散している。市緑政課の担当者は2016年7月28日、J-CASTニュースの取材に「仮に事実であるとすれば、許されがたい行為」と答えた。

  • 原爆ドームに「不謹慎ポケモン」配置との情報がネット拡散
    原爆ドームに「不謹慎ポケモン」配置との情報がネット拡散

深夜になっても多くの若者が公園内に

   平和記念公園内には、ゲーム内のアイテムを入手できる「ポケストップ」が、原爆死没者慰霊碑など約30か所に設置されている。また、「原爆ドーム」と「原爆の子の像」、「祈りの泉」の3か所は、ポケモン同士を対戦させる「ジム」に登録されている。

   市緑政課の担当者は、「アプリの配信以降、ゲームだけを目的としたプレイヤーが数多く公園を訪れるようになった」として、「公園の雰囲気は一変した」と声を落とす。実際、市には「訪問しづらくなった」「異様な雰囲気」との苦情が数多く寄せられているという。

   ゴミの放置や騒音といった迷惑行為の苦情はなく、「マナー的には問題ない」というが、

「一般の人が近寄りがたい雰囲気であることは確かです」

と説明した。慰霊碑や像などがゲームのスポットになっており、その周辺にプレイヤーが集中することが多いためだという。

   また、深夜になっても多くの若者が公園にいることから、周辺住民などからの通報を受けた警察官が注意に向かうことも増えたという。担当者は「アプリの配信から連日、これまでに10件以上の報告を受けています」と呆れたように話していた。

   こうした状況を受け、広島市は26日付で、公園内のアクセスポイントを削除し、キャラクターを出現させないように求める要請書を開発元のナイアンティックに送付した。ゲームだけを目的としたプレイヤーが集まることは、「慰霊・鎮魂の聖域としての静けさや雰囲気を失わせるもの」として、平和記念式典が開かれる8月6日までの対応を要請している。

   ただ、28日15時時点でナイアンティックからの回答はないという。担当者は「式典が近づいても回答がなければ、追加のアクションを考えなければならない」と話していた。

「モラルに反する行為です」

   さらに、平和記念公園をめぐっては、あるプレイヤーがゲーム上で「不謹慎な行為」に及んだとの情報もネット上で流布している。

   情報の出所は、25日にネット掲示板に投稿された1枚の画像だ。ゲーム画面を撮影したもので、原爆ドームに「ピカドン」というニックネームを付けた「ピカチュウ」(ゲームに登場するモンスター)を配置した様子がおさめられている。

   原爆ドームは「ジム」に登録されており、ジムの所有権を持つプレイヤーが自分のモンスターを好きに配置することができる。このシステムを悪用した行為とみられ、ツイッターやネット掲示板には「ただただ悲しい」「不謹慎過ぎる」と非難する声が出ている。

   ただ、投稿された1枚の画像のほかに情報が全くないことから、悪意のある「コラージュ(加工)画像ではないか」と疑う人も多い。しかし、ネット上では拡散が進んでおり、中には「広島市が『ジム』の中身をみて、削除を要請したのかも」と推測する声まで出ている。

   こうした画像について、先述の担当者は「把握していない」として、要請書を送付した経緯には「一切関係がない」と説明。だがその上で、

「仮に事実であるとすれば、モラルに反する許されがたい行為です」

とも話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中