2020年 2月 29日 (土)

あの山本圭壱が地上波テレビ登場 飛び交う怒声、ネットの夜の話題独占

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「極楽とんぼ」の山本圭壱さんが2016年7月30日、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の2時間半スペシャルで10年ぶりにお茶の間に帰ってきた。

   番組では、「10年前に事件の当事者間の和解も済み、逮捕もなく、不起訴処分だったことに加え、本人が10年間の謹慎という十分な社会的制裁を受けていると判断したものです」とテロップで説明された。山本さんと、相方の加藤浩次さんはそろって深々と謝罪。ツイッター上には「極楽とんぼのコンビ愛に泣いた」と、総じて好意的な感想が並んだ。

  • 文字通り「魂のケンカ」となった
    文字通り「魂のケンカ」となった

涙こらえる姿に「本当のお前じゃねえだろ」

「10年ぶりだなあ。こうやって2人で、テレビの前で話すの。どういう気持ちだ、今?」

   番組冒頭で流れた、加藤さんの山本さんへの問いかけだ。口調は厳しく、次第にヒートアップして「当たり前じゃねえからな、この状況!」「いつかめちゃイケが番組にしてくれて、おれ普通に戻れる?そんなことねえからな!」と怒声を響かせた。「どっちが先に動くんだよ!お前がアクション起こさねえと誰も動けねえだろ!」

   山本さんは06年7月、当時17歳だった女性と淫行騒動を起こし、吉本興業に契約を解除されて芸能界を去った。それから8年以上がたった15年1月に「山本圭壱お笑いLIVE」という舞台で芸能活動を再開したが、テレビ番組には姿を見せていなかった。

   加藤さんの言葉に山本さんは、涙をこらえる。すると加藤さんは

「泣けよ。泣いていいんだよ、お前。本当のお前じゃねえだろ、出してんの」
「しんどかったらしんどいっつっていいんだよ!仲間だから皆こうやって助けてくれてんだろ」
「(めちゃイケメンバーが)どういう気持ちで10年過ごしていたか考えたことあんのか」

と、山本さんに檄を飛ばすように熱くしゃべり続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中