2018年 11月 21日 (水)

「コンドーム、本当に配られてた!」 猫ひろし「選手村レポート」が大反響  

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   リオデジャネイロ五輪の男子マラソンにカンボジア代表として出場するお笑いタレント・猫ひろしさんが選手村の様子を「現地レポート」している。

   設備トラブルから村内に置かれたコンドームの配布機まで、選手村の生々しい内側を報告。「面白い」「価値あるレポート」と、ネット上は盛り上がりを見せている。

  • 選手村ってこうなってたんだ(猫さんのツイッターより)
    選手村ってこうなってたんだ(猫さんのツイッターより)

閉まらないトイレの扉、蛍光灯落下...

   ツイッターを見る限り、猫さんは2016年7月30日(日本時間、以下同)に現地入り。

   8月1日、「オリンピック・パラリンピック版コンドーム!本当に配られてた」というツイートとともに、選手村に設けられたコンドーム配布機の写真を投稿した。コンドーム・ディスペンサーという名前のようで、下部にレバーがついている。「Turn here to take a condom!」(ここをひねってコンドームを取って!)と注意書きがあるので、どうやらこのレバーをひねるとコンドームが手に入るようだ。

   猫さんはそれ以後、村内にあるマクドナルドの店舗やゲーム機を揃えた遊戯施設、ライフル銃を抱えた選手村の警備スタッフ、入村式の様子など五輪の「裏側」とも言える貴重な写真を次々投稿していった。

   4日には、陸上のジャマイカ代表、ウサイン・ボルト選手と食堂で遭遇したらしく、「ビビって食べてたリンゴわかりやすく落としちゃったよ! 私の倍は身長あったな。足なんか3倍位長かった」と興奮気味に記している。

   もちろん、楽しいことばかりではなく、トラブルも多発している。これまでに、トイレの扉が壊れて閉まらない、蛍光灯が落下する、クーラーが作動しない、といった報告がみられる。中でも蛍光灯は、写真を見る限り、天井からぶら下がっている状態で「危険」と言えそうだ。

   一般的に、選手村の内情はマスコミに報じられることも少なく、ヴェールに包まれている。そんな内情を事細かに伝える猫さんのツイートは拡散され、

「面白い」
    「有能」
    「価値あるレポート」

と称賛の声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中