2018年 9月 19日 (水)

SMAP「見納め」は紅白なの? 「出場あり得ない」説も

印刷

   SMAPの解散は2016年12月31日。ということは、NHK紅白歌合戦への出場が最後の花道となるのか――

   SMAPの解散日がわざわざ「12月31日」に設定されたことについて、紅白が「最後の披露の場」になる、と受け止める人も出る一方で、SMAPの紅白出場は「100%ない」という報道も流れている。

  • 紅白歌合戦が行われてきたNHKホール。
    紅白歌合戦が行われてきたNHKホール。

「凄い視聴率になるんだろうな」

   8月14日未明、SMAPが「12月31日をもって」解散と発表されると、ツイッターには、

「SMAPは紅白歌合戦で解散なのか。凄い視聴率になるんだろうな」
「(解散は寂しいけど)せめて紅白大トリで終止符を打ってほしい」
「今年の紅白はSMAP祭り?!」

といった声が相次いだ。

   メディア(ネット版)でも14日、サンケイスポーツが「紅白で『見納め』も!? 先見えぬ香取ら『5人5様』それぞれの道へ」と報じたほか、東京中日スポーツは「SMAP『紅白』が最後の花道か」と伝えた。

   一方で、スポーツニッポン(スポニチ・アネックス)は、「SMAP、ラスト紅白『100%ない』 KinKi『後継』有力」と報道。「テレビ関係者」の話として、SMAPの紅白出演は「あり得ない」とする見方を伝えている。紅白出場が検討できるぐらいなら、25周年ライブはできたはずで、ライブなどの事務所側の要求を(全員ではないにせよ)SMAP側が拒んだ形の今、紅白出場はない、というわけだ。もっとも、NHK側が出場に向けて動くことが想定され、「少なからず事態が動く可能性はある」とも指摘している。

   8月14日放送のニュースバラエティ番組「サンデージャポン」(TBS系)でも、司会の「爆笑問題」田中裕二さんが、SMAP解散日が「12月31日」と聞くと、紅白(出場)が最後の活躍の場になるのかな、と触れたが、スタジオでは、紅白出場が可能なら、他の25周年ライブなどもできるはずなので、それが無理ということは紅白出場も無理なのでは、といった推測が、賑やかに交わされていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中