2018年 10月 20日 (土)

冷却シート型脳波センサーを開発 認知症発見や子どもの学力向上に期待

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大阪大学は2016年8月17日、冷却シートのような形をしたパッチ式脳波センサーを開発したと発表した。睡眠中の脳の状態を手軽に計測できて、睡眠障害の治療に効果が期待される。

   これまで、睡眠中の脳波は大型の医療機器を使い、専門技師が必要だったため、医療機関に行かないと測定できなかった。今回のパッチ式脳波センサーは手軽に家庭で扱えるうえ、大型医療機器と同じ精度で計測できるという。

   睡眠以外にも様々な分野で活用が期待されている。発表資料によると、認知症を含む脳の病気の早期発見や、要介護者の見守りセンサーに役立つそうだ。また、勉強中の子どもの脳波がすぐ測定できるため、どの科目に集中しているかがわかり、学習能力の向上にも応用できるという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...