2018年 10月 20日 (土)

「ニットの女王」ソニア・リキエル氏死去

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「ニットの女王」として知られるフランスのファッションデザイナー、ソニア・リキエル氏が、2016年8月25日、パリの自宅で死去したとBBCなど複数の海外メディアが報じた。

   86歳だった。長年患っていたパーキンソン病の合併症のためと伝えられている。

  • ソニア・リキエル氏(写真:Best Image/アフロ)
    ソニア・リキエル氏(写真:Best Image/アフロ)

「20代の頃、憧れのお洋服」

   1930年、パリ郊外生まれ。妊娠中に自分が着たいようなマタニティウェアが見つからなかったことからデザインを始め、1966年、自身の名を冠したブランド「ソニア リキエル」を設立した。

   普段着だったニットをファッショナブルに変貌させた。ボーダーのカラフルなニットワンピースはパリの女性たちに愛され、1970年代には「ニットの女王」として世界的なデザイナーになった。

   1988年にはメンズコレクションを手掛け、その後は、子供服、フレグランス、コスメやアクセサリーにも進出した。

   2012年には「ソニア・リキエル」を一流ブランドに成長させたことなどが評価され、フランスの芸術文化勲章の最高章「コマンドゥール」を受章している。

   日本でもさまざまな世代にファンは多く"エイジレスブランド"になっている。

   ツイッターにも、

「20代の頃、憧れのお洋服。お名前を冠した、ソニアリキエルのコスメも大好きでした」
「フランス、デルパールのバラ(ソニアリキエル)を捧げます」
「ソニアの時代のコレクションで好きなのは2005ssの海賊シーズン。いま考えるとこの時のソニアはもう70過ぎてたってすごいな。ファンキーおばあちゃん。偉大。」

と、惜しむ声が続いている。

   2015年、東京・青山に新ショップをオープンしたばかりだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...